【FX初心者へ】FXをする前に知っておきたい注意点や失敗あるある

【FX初心者へ】FXをする前に知っておきたい注意点や失敗あるある

FX初心者の中には、ギャンブル的な要素が強いと思っている人もいるのではないでしょうか。

確かに、プロの中には刻一刻と変わる経済情勢などを的確に把握しながら取り組んでいる人も多くいますが、それでも予測不可能な値動きをすることもあります。

プロでも安定して利益を出せないのに、初心者なんて到底無理なんて思うかも。

ですが、初心者でも最低限知っておくべき注意点や失敗などを把握することで、利益が出せる確率は上がります。

FXを始める前に絶対に知っておくべき注意点3つ

単純に始めるのも悪くはないのですが、その前に知っておくべきことを把握しておくと意外な損失を免れられる可能性があります。

やり方次第では大きな損失が出るFXだからよく注意してね。

ここで紹介する注意点を知っていると知らないとでは、大きな違いがあります。

取引の時間

日本国内で取引をするからと言って、何も日本時間に合わせる必要はありません。

世界には東京だけでなくロンドン、ニューヨークのいわゆる三大為替市場というものがありそれぞれでオープン時間が違うのです。

この中でもニューヨーク市場が、オープンから30分間は取引が活発になり初心者ではとても対応できなくなるという人もいます。

なので、可能であればPM9時~翌日AM7時は取引を避けた方が良いでしょう。

注文する際のスプレッド

FXをする際はFX会社を通して注文を行う訳ですが、その際のスプレッドには要注意です。

成り行き注文をする際、0.02円程度(2Pips)であるのが普通ですが、流動性が低い時間帯はそのスプレッドがかなり大きく開いていることがあります。

例えば、早朝などだと1円程度開いている場合もあります。

長期トレードの方はそこまで気にしなくても良いかもしれませんが、スキャルピングやデイトレの方は注意しましょう。

取引量は最初は抑えるべき

利用する会社にもよりますが、一般的には万単位(100万円)の通貨と千通貨(10万円)の単位で取引ができます。

万単位の方が利益が大きく出る一方で損失も大きくなってしまうので、あまり経験を積んでいない初心者が取り組む際には、千通貨から始めると良いでしょう。

万単位で利益が出れば良いですが、如何せん初心者ではそう簡単には利益は出せないかもしれません。

そうなると、損失が増え取り返しのつかないことになる可能性もあるので注意が必要です。

FX初心者がやってしまいがちな失敗あるある5選

FX初心者には、失敗あるあるがいくつかあるので紹介します。

とりあえずここで挙げていることはやらない様にしよう。

レバレッジをかけすぎてしまう

レバレッジは少ない金額で大きな額を購入できるシステムなのですが、初心者はハイレバレッジに設定する傾向にあると言われています。

しかし、それだとわずかに値動きがあっただけで簡単に強制ロスカットの対象になる確率が高くなってしまうのです。

ましてや、初心者は中々損切りができず明日には黒字になるだろうと変な自信を持つことも少なくありません。

ハイレバレッジで大きく取引ができるからと余裕を持つのではなく、あえて少ないレバレッジで楽しんだ方が良いです。

ギャンブル感覚で手を出してしまう

FXは実際にやってみると分かりますが、結局のところ通貨が上がるか下がるかの二択です。

そのため、買うか売るかのどちらかなので適当に保有しても放っておけばいずれは利益が出ると思っている人が多いです。

しかし、FXは分析をすれば利益を出せる確率が上がると言われています。

どちらかに転ぶギャンブルとは違い、努力が結果に結びつくのです。

エントリーする際は「〇〇がこう動いたから買い」の様に、しっかりと自分なりの根拠を持つようにしましょう。

金利目当てで大損

FXではポジションを持つだけで、金利をもらうことができます。

実際、取引をせずにこのスワップポイントだけを目的にFXをしている人もいるほどです。

しかし、注意しなければならない点があります。

それは、金利差が少ない通貨を取引していると為替の変動により、大損することがある点です。

また、手数料などもしっかりと加味し手考えないと、プラスと思っていた金利が逆にマイナスになることもあります。

妙な自信を持って大損

上述の通り、プロはしっかりとした分析の下でFXを行っているので損切すべきかキープすべきかを比較的正確に判断できます。

しかし初心者に場合、仮にある通貨を買いで保有し大きく値を下げたとしても、いつかは戻り利益が出るようになると妙な自信を持っているケースが多いです。

そして、結局ロスカットされたり予想以上の損失を被ることも少なくありません。

損切りはしっかりしましょう。

ネットの書き込みを信用してしまう

初心者は当然のことながら、経験者に比べてFXの癖をつかめていません。

すると、どうしたら利益が出せるかをインターネットなどで検索します。

例えば、有名な人が「今日の豪ドル円は買い」とった書き込みを見つけると何の疑いもなくそれを鵜呑みにして、まさにその通りに行動してしまうのです。

結果、大損をすることもありますのでしっかりと自分の意見を持って取引をすることが大切です。

ミラトレという方法もありますが、個人的には初心者はやるべきではないと思っています。

FX初心者にオススメのエントリーポイント3つ

FXで勝利するコツの一つに、エントリーポイントを知ることが挙げられます。

エントリーポイントとは、その名の通り注文を入れるポイントだよ。

確実に勝てるというわけではないのですが、エントリーポイントが定まっていると迷いがなくなってトレードしやすいです。

上昇トレンド中の押し目買い

チャートを見ることで、トレンドが分かります。

それが上昇トレンドであれば、一般的には今後も上昇が続くものと言われています。

基本的には、順張りがオススメです。

しかし、初心者はそもそもどこでエントリーすれば良いのか分からないのではないでしょうか。

エントリーのポイントとしては、上昇トレンド中の押し目買い、すなわち上昇傾向にある中でも一時的に落ち込んだところです。

いくら上昇を続けると言っても、利確するためにポジションを手放す人もいますので、その影響で下がる場所が一般的な狙い目です。

下落トレンド中の戻り売り

下落トレンド中の戻り売りというのは、下落している中で一時的に上昇することを言います。

まるで階段のように下がっていく中で、買いポジションを保有する人もいます。

まさにそのポイントでエントリーをすることで、そのまま下落を続ければ大きく利益を出すことができます。

上昇トレンド中の押し目買いの逆バージョンとなります。

トレンドの転換点

トレンドの転換点とは、上昇から下落に、下落から上昇に転じるポイントのことです。

初心者はこれらを判断するのは難しいかもしれませんが、チャートを見ることでそれが分かるようになってきます。

初めて取引をする人にオススメと言うよりは、初心者ではあるがいくらか経験があるという人に向いています。

転換点では、反対方向に大きく伸びていく傾向にあるので、見逃さないようにしましょう。

FX初心者が立てておくべき目標

闇雲にFXの経験を積むのも悪くはありませんが、まずは目標を立てることが大切です。

難しく考えなくても大丈夫だよ。

多くの人が、FXを始めるにあたって目標設定から始めていますので利益を出すために欠かせない行動と言っても過言ではないでしょう。

1日あるいは1ヶ月でどれくらいの利益を出すか、あるいはどのくらいの損失で抑えるか

例えば、わずか1日で万単位の利益が出た場合には、もう少し儲けようと手を出す傾向にあると言われています。

しかし、反対に損をしてしまいせっかくの利益がパーになる可能性もあるのです。

そこで、1日あるいは1ヶ月で利益がどのくらい出たらそこで取引は止めるというような目標を設定しておくべきでしょう。

反対に、どのくらい損失をしたら止めるかも決めておくことをオススメします。

毎日の取引を分析する

初心者は、どうしてもその日勝ったか負けたかの結果だけを見る傾向にあります。

しかし、勝つにしても負けるにしてもその日の取引の振り返りをすることが大切なのです。

毎日振り返り分析をすることで、自分が損をした時にはどのような傾向があるなどが分かるようになるかもしれません。

そうなると、勝ちパターンが見えるようになり安定した取引につながるのです。

コツコツ分析するためにノートやメモを作成するという方法も良いと思います。

自身の期間を定めて手法を身につける

FXには、スキャルピングや長期などと言った手法があります。

実際にプロが用いている手法でもあり、むしろこれらを身につけなければ安定した収支にはつながらないと言う人も少なくありません。

それぞれに特徴があるため、取引を続けていくことで自分に合った手法を身につけるようにしましょう。

そのためには、いつまでにという期間を設けることも重要です。

『【FX初心者へ】FXをする前に知っておきたい注意点や失敗あるある』のまとめ

FX初心者は最初の取引で大損をすると、自分には無理だと思い結局諦めてしまうケースが多いです。

しかし、最初から利益を出せるのはほんの一握りだとも言われていますので諦めずに向き合うことが大切です。

取引をしていく中で、自分のスタイルを見つけてFXが楽しく感じられるようになるはず。

慣れてくるとチャート分析でも、どのようなトレンドになるかの予想もできるようになりますので、粘り強く取り組むようにしましょう。

もちろん、損が続くこともあるかもしれませんが、その際にはしっかりと損切りをする意識を持つことも忘れてはなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です