FXのレバレッジとは?何倍までかけられる?メリットとリスクを解説!

FXのレバレッジとは?何倍までかけられる?メリットとリスクを解説!

FXに限らず色々な投資においてレバレッジという言葉が登場しますが、どのような意味があるのかわからずに悩んでいる人もいるでしょう。

FXいえばレバレッジというほどよく使う言葉だよ。

レバレッジそのものについては理解できていても、FXでどう使うのかを知らなくて教えて欲しいという人もいるかもしれません。

この記事ではFXにおけるレバレッジとは何かという点から始めて、具体的なルールや安全性について説明します。

将来的にレバレッジがどのように扱われる可能性があるかも紹介するので参考にして下さい。

FXにおけるレバレッジとは?最大何倍までかけられる?計算方法など

まずは、FXにおけるレバレッジとは何なのかを紹介します。

レバレッジを熟知すれば資金管理がしやすくなるよ。

具体的な意味がわかるとどのくらいの範囲で使えるのか、レバレッジの計算はどうしたら良いかなど範囲や計算方法についても端的に紹介します。

レバレッジとはそもそも何か?

FXでよく用いられているレバレッジとは「てこ」を意味する言葉で、実際にFXに使うために預けている資金よりも大きな金額での取引をすることを指します。

「レバレッジをかける」という使い方をするのが一般的です。

例えば、10万円に10倍のレバレッジをかけると100万円と同等の取引を行えます。

レバレッジを使うFX投資は証拠金取引になっていて、FX業者に必要証拠金を預けておくことでレバレッジをかけられるようになります。

FXで利用できるレバレッジの範囲

レバレッジをかけると、少額資金で投資をしても大きな利益を上げられる可能性があります。

レバレッジの倍率が高ければ高いほど、少額の資金をあたかも大きな資金のようにして使えるのが魅力です。

ただ、FXではレバレッジの倍率の範囲に制限を設けているので、何百倍といった大きなレバレッジをかけることはできません。

国内のFXでは、最大で25倍までレバレッジをかけられるようになっています。

※海外のFX会社であれば3000倍という大きなレバレッジが可能です。

レバレッジの計算方法

この取引のレバレッジはどのくらいなのかというのは実は簡単に計算できます。

取引をする通貨のレートと取引数量をかけたものが、口座に預けてある資金に等しい場合には倍率は1倍です。

レバレッジが10倍の場合には、通貨レートと取引数量の積が口座にある資金の10倍になります。

つまり、倍率を計算するには通貨レートと取引数量を掛け合わせて、口座にある資金の金額で割れば良いということです。

したがってレバレッジは数量と資金で制御することができます。

レバレッジは何倍までが安全?かければかけるほどリスクが高くなる理由

レバレッジをどのくらいかけるかは、FX取引をするときに悩みになりがちな点です。

これはレバレッジをかければかけるほどリスクが高くなると言われているのが原因です。

リターンを多く求めるならリスクが高くなるからね。

では、適正なレバレッジがどのくらいなのかを考えてみましょう。

レバレッジは高いほど一攫千金を狙える

レバレッジは、一般的に高いほど一攫千金を狙えるチャンスが生まれます。

例えば、資金が10万円のときにレバレッジをかけずに3,000円の利益が得られたとしましょう。

 

10倍のレバレッジで取引をしていたら、この場合には100万円を運用したのに等しいので30,000円が手に入ることになります。

 

25倍のレバレッジだったら、75,000円の利益になったと考えることができます。

単純な例ですが、レバレッジは高くすればするほど利益が大きくなります。

レバレッジが高いほどリスクも高い

レバレッジは高いほど、リスクも飛躍的に高くなります。

単純に考えてみればわかりやすいことで、10倍のレバレッジをかければ利益が10倍になりますが、損失を出したときにも10倍になります。

大きな損をするリスクが高くなり、場合によっては取り返しがつかなくなることもあるのです。

海外では、数百倍というレバレッジをかけることができるFX業者もありますが、そこで大きなレバレッジをかけて失敗したために破産したという事例もあります。

レバレッジが低いと利益も少ないがリスクも低い

安全に取引をしたいと考えたらレバレッジを低くするのが賢明です。

ただ、レバレッジを小さくすればするほど、利益の幅も少なくなって稼ぎにくくなってしまいます。

あるいは巨額の資金投入をしなければ稼げないことになり、資産が小さいうちからコツコツと稼ぐのは難しくなるのです。

そのため、リスクを極力下げたいのであればレバレッジをかけない方が良いですが、本格的に資金形成をしたいと思うならある程度はレバレッジをかけた方が良いと思います

適正なレバレッジはどのくらいか

適正なレバレッジが何倍かがわかっていれば、多くの人がそのくらいのレバレッジをかけてFX取引をするでしょう。

実際には、為替がどのくらい変動している時期かによってリスクの大きさにも違いがあることから、レバレッジをどのくらいにするのが適正かは一概に言うことができません。

ただ、10倍もかけてしまうと大きなレートの変動があったときには投入資金を上回ってしまうこともあります。

安全性が比較的高いという点では、2倍から4倍くらいにしておくのが無難です。

悩んだときのレバレッジの考え方

上がるとわかっているときには、レバレッジを大きくするというのが基本的な考え方ですが、FXでは上がるとわかっているから資金投入をするというのが当然でしょう。

悩んだときには、レートの変動の大きさに反比例する形でレバレッジを決めるのも良い方法です。

動きが大きい場合にはレバレッジを小さくし、動きが小さい場合にはレバレッジを大きくすることで、どの取引でも同じくらいの利益率を保つことができます。

リスクマネジメントの仕方として念頭に置いておきましょう。

【勘違いに注意】FXのレバレッジは選べない!実効レバレッジとは?

FX取引では、一般的にはこのレバレッジで維持するという形で、自分でレバレッジを選ぶことができないのが原則です。

僕も最初は注文を入れる時に「レバレッジ〇倍」みたいなボタンがあると思ってた。

リスクマネジメントをする上で有用な指標として、実効レバレッジが用いられているのでどんな指標かを紹介します。

レバレッジは自動で決まるのが基本

前述のように、FXではレバレッジは通貨レートに対して取引数量と口座にある投入資金を定めることによって決まります。

ただ、現在では預入金に対して自動でレバレッジが決定されるシステムの業者が大半を占めていて、自分で何倍が良いと言って決めることができません。

リスクを考える上でレバレッジは重要な指標になるので、自分で決められないのでは不安になるでしょう。

そこで考え出されたのが実効レバレッジなので、詳細を知っておくのが大切です。

実効レバレッジでリスクを測ろう

実効レバレッジは、現状のFX取引が全体としてどのくらいのレバレッジで運用されているかを示すもので、簡単に計算することができます。

FX取引全体のリスクマネジメントをするための指標とできるのが実効レバレッジの特徴です。

実効レバレッジは、取引額を口座にある資金で割るだけで計算できるので定期的に見直してみると良いでしょう。

もし実効レバレッジが高くなりすぎていたら、証拠金を増やしたり、取引数量を減らすのが賢明な対策です。

業者によってはレバレッジを選べることもある

業者によってはレバレッジ何倍コースという形にしていて、自由にレバレッジを選べるようになっている場合もあります。

これはレバレッジを一定になるように計算してくれるコースで、10倍と決めておけば10倍での取引を続けることが可能です。

コースの選択によって必要証拠金が動く仕組みになっているのが特徴で、取引の時に数量や預入金をどのくらいにしたら良いのかを毎回考えずとも希望しているレバレッジに保つことができます。

レバレッジ規制の歴史|今後の規制の可能性について

FXにおけるレバレッジは、今でこそ25倍以下という制限がありますが、これは規制が強化されてきたことによって決まったものです。

以前はもっと多くのレバレッジをかけることができた。

最後にレバレッジ規制がどのようにして行われてきたか、そしてこれからどうなっていくかを説明します。

当初はレバレッジの規制はなかった

FX取引が開始された頃は、レバレッジについて特に規制はかけられていませんでした。

25倍どころか100倍以上ものレバレッジでの取引がよく行われていて、大きな利益を上げている人もいる反面、全財産をつぎ込んでしまうような人もいました。

資産形成を目的として取り組んでいたのに破産してしまうというケースもあったことから、投資家を守る目的で国としてレバレッジの規制をするべきではないかという議論が生まれてきたのです。

規制が2010年と2011年に導入

レバレッジ規制が国内で実施されたのは2010年8月1日のことでした。

この時点で、FXにおけるレバレッジの上限は50倍とされて数百倍のような高レバレッジの、ハイリスクハイリターン投資はできなくなりました。

さらに2011年8月1日からは規制が強化され、最大25倍という現行の規制状況になっています。

海外では、現在でも200倍や300倍といったレバレッジをかけられる国も多いですが、日本では国をあげてリスク管理が実施されています。

10倍にまで下がる可能性もある

レバレッジ規制については、さらに強化するという動きもありました。

当初の計画では、2018年からFXのレバレッジは最大10倍にする方向性で議論が進められていました。

ただ、投資による利益が小さくなることや、少額投資で資産形成をしたいという人がFXを投資商品として選びにくくなってしまうこともあってまだ引き下げは行われていません。

しかし、今後もFXによって大損をして自己破産をする個人投資家が見られるようであれば、規制強化が進められる可能性はあります。

『FXのレバレッジとは?何倍までかけられる?メリットとリスクを解説!』のまとめ

FXにおけるレバレッジとは、必要証拠金に比べてどのくらい大きな取引をするかの指標で、実際に投入した資金の数倍の金額で実質的には取引できます。

レバレッジの倍率を上げるとハイリスクハイリターンになるため、リスクマネジメントのためにレバレッジを指標にするのは有効です。

軽い気持ちでレバレッジをかけるのはだめだよ。

ただ、FXでは自分で倍率を決められない場合がほとんどなので実効レバレッジで考えるのが基本になっています。

レバレッジの上限は25倍までですが、高レバレッジでのFX取引によって破産する投資家もいたことから規制が強化されてきています。

安全を考えて低めのレバレッジでの運用を心がけましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です